事業コンサルタントについて
ホーム > 経営の強い味方 > 事業コンサルタントについて

事業コンサルタントについて

  • 節税するだけの税務、本当にそれでいいのですか?

    その節税本当に正しい?

    ほとんどの税理士は、
    帳簿をみて誤りがあれば修正するといった仕事をするでしょう。
    また、腕のいい税理士、人気のある税理士の場合、
    独自の手法で様々な節税を行い、目の前の利得を図ります。

    税金は「利益」にかかってきます。
    大方の節税とは、この利益に対して経費等で調整して決算書を作成します。

    もし、経営者のあなたが今後ご自分の会社をどうしていきたいか、
    明確なビジョンがある場合、これが正しい節税か今一度考える必要があります。
    税理士にお願いして節税を繰り返す。一見利得は高くなっていると感じるかもしれません。
    しかし、本当にこの繰り返しで企業は良くなるのでしょうか。

  • 殆どの経営者の方は今後の事業展開、事業拡大を考えています

    今後の事業展開

    もちろん節税も大事です、しかし根本の利益を低く見積もって決算をした場合、これが貴社の成績として長く残ることになります。

    もし、あなたが新しい商品を開発したい、新しい事業展開のチャンスが訪れた時、銀行は快く融資を引き受けてくれるでしょうか?
    ここで基準となるのが、その企業のこれまでの利益や決算申告です。目の前の利得だけを追求した結果、利益の低い会社になった場合、銀行が融資を引き受けてくれなくなってしまうかもしれません。

竹下流税理士顧問が未来を見据えた計画をご提案いたします。

竹下税理士事務所では、経営者様の今後の展望、計画や夢に向かって共に考え、そして判断材料となるデータから経営者としての経験も含めコンサルティングいたします。
  • ご相談、ご依頼せはこちら

    お電話、またはメールフォームにて承っております。まずはお気軽にご相談ください。